中国株ファンド大型設定相次ぐ 大和証券は販売再開

印刷

   中国株ファンドの大型設定が相次いでいる。2009年6月16日の「インベスコ中国株式ファンド」に続き、同19日には「日興フォルティス中国A株ファンド」(愛称=万里)が設定された。「インベスコ中国株式ファンド」、「万里」とも、設定上限のほぼ満額に達した。

   「インベスコ中国株式ファンド」を販売する大和証券は、同ファンドの上限500億円(信託金限度額)を100億円引き上げて600億円とし、6月22日から販売を再開した。時価での買い付けとなるが、満額になれば販売をストップする。「中国株式はリーマンショック以降の回復も早いこともあり、根強い人気があります」(大和証券)と話す。

   「万里」を販売した日興コーディアル証券は設定上限の550億円を、募集開始からわずか2日で完売した。同証券は、「中国の成長性を見込んでの投資ニーズが旺盛。ただ中国株はボラティリティーが高いこともあって、リスクのとれる投資マネーの一部を振り向けて投資しているようです」と話している。

   個人投資家の投資意欲が少しずつ戻ってきているとみられる。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中