「今から父親を殺します」 父親殺人犯が2ちゃんに殺害予告?

印刷

   「今から父親、祖母、祖父を殺します」という殺害予告が掲示板「2ちゃんねる」に出た。その2分後、「父親を殺した」と千葉県警勝浦署に110番通報があった。父親をナイフで刺し殺したのは20歳の男性で、この人物が掲示板に書き込んだものと見られる。「毎日がつらい、寂しい、死にたい」といった悩みを「2ちゃん」に綴っていた。

「2ちゃんのみんなはやさしかった」

   勝浦署に「父親を殺した」と通報があったのは2009年7月6日の午前2時8分。この2分前の同2時6分には、「2ちゃん」の「引きこもり『これ買って来いババア!』 引きこもりに買い物や用事を頼まれてもすぐには従わないように」と題されたスレにこう出ていた。

   「みんな話し聞いてもらってありがとう。今から父親、祖母、祖父を殺します。疲れました。ネグレクトの被害を受けていてほぼ四年間監禁状態で暮らしてきたした」 この殺害予告をしたのは、110番で自首した男性ではないかと見られるのは、予告文の中に自首した本人の実名と年齢、現住所が書かれていることや、犯人と関係あると思われる2人の実名が書かれているからだ。

   「2ちゃん」には殺害予告が度々書き込まれるが、多くは狂言だ。今回実際に殺害に至ったとすれば、異常な事態で、「2ちゃん」内にもショックが広がっている。

   親を殺害したと思われるこの人物は、09年7月4日以降、「【人生】誰かがあなたの悩みに答えます【相談】」というスレに何度も登場し、自分の悩みについて語っていた。

   そこには「自分のつらさを分かってほしい」「寂しい。誰かと会話したい」などと訴え、それを読んだ人からは「死んだら終わりだが 生きていればやり直せる可能性はあるぞ」などと励ましの書き込みがされていた。犯人と思われる人物は「もっと早く相談してればよかった。人間はやっぱり暖かい」などと感謝し、犯行予告にも、

「みんなありがとう。2ちゃんのみんなはやさしかった」

と書いていた。

「4年間引きこもり。テレビを見るだけの毎日」

   殺害の原因が何なのかはわからないが、先の「相談」には、「4年間引きこもりが続いていて、母親とは4年間会っていない。その原因を作ったのは、自分が母親に怒りをぶつけたから。父親は自分の事が嫌いで、話しをしてくれないし聞いてくれない。テレビを見るだけの毎日で、監禁状態が続いている」という内容が書き込まれていた。

   そして、

「もうダメかもしれない・・・・・・・ やっぱりやり直せないよ」

などとも書いていた。

   千葉県勝浦署によれば、「父親を殺した」という110番が入ったのは09年7月6日午後2時8分。犯行予告が書き込まれてから2分後だ。殺害されたのは父親のみで、祖父と祖母は就寝中で事件には気付いていなかったそうだ。殺害したと供述したのはこの家の次男。勝浦署は次男の使ったパソコンの記録などを調べ、犯人を特定したいと話している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中