東国原知事、衆院選出馬を断念

印刷

   宮崎県の東国原英夫知事は2009年7月16日に緊急会見を開き、次期衆院選に立候補しないことを明らかにした。不出馬の理由は、東国原知事が自民党からの立候補の条件として掲げていた全国知事会で決めた地方分権の案100%を同党マニフェストに盛り込む条件について、自民党の古賀誠選対委員長から16日午後に「提示条件は満たされない」という内容の書簡が届いたため、と説明している。宮崎県知事は続ける。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中