いつまで「いいとも!」を続ける? 紳助の突っ込みにたじろぐタモリ

印刷

   タレントで司会者の島田紳助さん(53)が2009年7月26日、「笑っていいとも!」のトークコーナーテレフォンショッキングに出演した。紳助さんが出演するのは1987年9月以来となる実に22年ぶりで、「26時間テレビ」の一環ということもあっての実現だ。

   紳助さんのタモリさんへの第一声は「ふけましたねー」。タモリさんは「うるさい」と切り返したが、2人が会うのは実に10数年ぶりなのだから無理もない。テレビ局内ですれ違うことさえ少なかったという2人。その後のトークでは、紳助さんが同期の明石家さんまさんと回った下積み時代の営業の話や、紳助さんの沖縄暮らしの様子、仲の良い芸能人などの話が出た。

   そして、紳助さんがタモリさんに対して、「いつまで働くんですか?」と鋭く突っ込むひと幕も。平日の昼に欠かさず生放送番組「笑っていいとも!」に出演するのは、「仕事しすぎでしょ。何が目的なんですか」と向けたのだ。

   紳助さんの場合は週4日休みで、週末の金・土・日だけ仕事をしている。それを引き合いに、紳助さんは「誰かに(「いいとも!」を)ゆずったらどうですの?」と詰め寄ると、タモリさんは「それ本番に言う話じゃないだろー」「決めてないよ。いつまでやるかなんて」とタジタジ。それでも、引き下がらない紳助さんが「亡くなるまで?」と食い下がると、タモリさんは「亡くなるまでとか決めてないよ」と困り果てていた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中