東国原宮崎知事 3党のマニフェストを評価

印刷

   宮崎県の東国原英夫知事は2009年8月4日の定例記者会見で、次期衆院選に向けての各党のマニフェストに対する現時点の評価を話した。

   自民党については、「知事会が求めている項目のすべて盛り込んでいる」と評価した。だが、地方の税財源の充実や補助金の見直し、地方との協議機関の設置に関しては踏み込みが足りないことを指摘した。「評価点数はだいたい7割程度だと思っている」

   民主党については、「地域主権国家への転換を掲げていることは評価できる」とした。また、補助金を廃止して一括交付金にするという点は評価できるとするも、交付金をどういうかたちで地方に配分するのか、具体的な内容が判然としないと指摘した。「評価は現時点では自民党より、おそらく低くなるだろう」

   公明党に関しては、「知事会が求める項目すべてに対して、前向きな内容になっている」と話した。国と地方の財源比率を1対1にすることや、地方に権限があるなど、「評価は高くなるだろう」という。

   もっとも、いずれの党のマニフェストも実効性が課題だろうと思う、と総括した。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中