マイケル・ジャクソン中毒? ムーンウォーク真似る人々

印刷

   「ポップスの帝王」マイケル・ジャクソンさんの死が報じられて、1か月以上がたつ。マイケルさんを特集したテレビ番組はしばらく続いたし、CD・DVDの売り上げも伸ばした。そんな中、「マイケル・ジャクソン中毒」を引き起こしている人もいるそうだ。

夫が必死にムーンウォークやっている

   精神科医の香山リカさんが2009年8月4日、毎日新聞に連載しているコラム「香山リカのココロの万華鏡」の中で、「ジャクソンさん中毒」として、その「症状」を取り上げている。

   コラムによると、ある女性が「マイケル・ジャクソンさんのDVDを見ること」がやめられず、悩んでいるというのだ。マイケルさんが亡くなってからというもの、テレビでは繰り返し彼のパフォーマンスが映し出されていたために、DVDも欲しくなってしまった。DVD購入後は映像に釘付けだ。一日に何度も繰り返しみてしまうらしい。

   香山さんは友人にもそれとなく聞いてみたところ、「ジャクソンさんの映像から目が離せない人」は、けっこういるらしいことがわかった。そして、自身もマイケルさんのDVD購入には迷っているとして、「見たら最後、私も『ジャクソンさん中毒』になりそうな予感がかなりしている」とおどけながら、文章を結んだ。

   一方、読売新聞が運営する掲示板サイト「発言小町」でも、マイケルさんに関連して話題をさらった記事がある。それは2009年7月23日に投稿された「夫が毎日ムーンウォークを練習、困ってます」と題した記事だ。ムーンウォークとは、前を歩いているように見せながら、後ろにすべるようにして移動する不思議な動き。マイケルさんの代名詞的な、きわめて特徴的なパフォーマンスである。

   さて、記事によると、投稿者が和室から何か異様な音がするために部屋をのぞいてみたところ、今年40歳をむかえる夫が必死にムーンウォークをやっているというのだ。旦那は昔からダンス好きだったのだが、「どう?出来てる?」と頻繁にたずねてくる。彼女の弁によると、ムーンウォークを覚えてどうするのか、苦笑する毎日で、どう接したらよいだろうかとなげかけたのだった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中