高速道路、「無料化でも利用変らぬ」が6割 日経調査

印刷

   日本経済新聞は、民主党がマニフェストで高速道路の段階的な無料化を挙げていることから、高速道路利用についてのアンケート調査を実施。2009年9月2日の紙面で発表した。無料化しても車を利用する機会が「変わらない」と答えた人は58%、「減らす」が1%だった。特に40代以上では約3分の2が「変わらない」と回答。30代でも51%が「変わらない」を選んだ。

   利用が増えない理由は「車に乗る用事が増えない」が58%、「道路が混雑する」が55%、「ガソリン代がかかる」が36%だった。利用を増やすと答えた人は「旅行・レジャーに行く」が81%、「遠方のショッピングセンターや繁華街まで買い物に行く」が46%だった。

   この調査はNTTレゾナントに依頼し09年8月25~26日にインターネットで実施。20~60歳代の自動車を持っている男女1000人から回答を得た。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中