任天堂の売上げ34,5%減 9月中間決算

印刷

   任天堂の2009年9月中間連結決算は、売上高が前年同期比34、5%減の5480億円、営業利益が同58、6%減の1043億円となり、4年ぶりの減収減益になった。これを受け10年3月期連結決算の業績予想を下方修正した。売上高は3000億円減の1兆5000億円、営業利益は1200億円減の3700億円と6期ぶりの減益を予想している。据え置き型のゲーム機「Wii(ウィー)」や関連ソフトの販売が大幅に落ち込んだことが原因。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中