元グラドル小阪由佳に異変? 悪態つきブログ炎上

印刷

   芸能界から姿を消した元人気グラビアアイドルが、突飛な内容の個人ブログを書いている、と騒ぎになっている。書き込み内容が飛んでいるばかりでなく、写真を見るとその容貌も相当変化しているのだ。もし本人なら、何があったのか。

   グラドル時代の小阪由佳さん(24)は、笑うと三日月目になるチャームポイントがあり、スタイルの良さからバンビの愛称で呼ばれていた。ところが、本人のものではないかとされる個人ブログを見ると、容姿からしてまったく別人のようなのだ。

「一般人とか 売れないヤツとは付き合わない」

激変した小阪由佳さん
激変した小阪由佳さん

   その「小阪由佳ブログ」の2009年11月2日付日記にアップされた写真は、お腹の周辺が大きく膨らみ、グラドル時代の面影はない。髪もボーイッシュなショートカットに変わっていた。フライデーの6日発売号は、これが由佳さんのブログだとして、由佳さんが1日付日記で、付き合っている相手と結婚したいので芸能界を引退したと明かしたことを紹介している。

   確かに、ブログでは、「普通の女の子としての幸せを考えることにしました」として、同日付で所属事務所を辞めたことを報告している。これが最後の更新と書かれていたが、翌日以降もブログを更新し、書き込み内容は次第に過激になっていった。

   6日のエントリーでは、シャネルの時計が壊れたことを明かし、それまで付き合ってきた男性なら当然買ってくれたと告白。そして、「本当にバカな男達だったわ(笑)」「私に騙される男って ホントかわいそう(笑)」などと書き込んだ。結婚する相手に対しては、おねだりしたが買ってもらえなかったとぼやいたうえで、「まあ だから 彼を選んだんだけどね」とつづっている。

   7日には、フライデーの記事を取り上げ、「激太り」との指摘を強く否定し、結婚相手が「一般の方」と書かれたことに怒りをあらわにした。「い ち お う れっきとした イケメンミュージシャンなんだけど?」としたうえで、こう言い放ったのだ。「誰も一般人とか 売れないヤツとは付き合わないって~(爆笑)  キャハハー」

「そんなことを言う子ではなかった」

   小阪由佳さんは、2004年に「ミスマガジン」(講談社主催)でグランプリを受賞して、芸能界にデビューした。バラエティ番組にも出演し、07年にロックバンド「175R」のSHOGOさんとの不倫騒ぎがあったが、その後、南明奈さんらとアイドルユニットを組むなどして、芸能活動を続けていた。

   ところが、09年3月ごろになって芸能界に姿を見せなくなり、公式ブログも同月16日付以降、更新がストップしている。この日の日記で、由佳さんは、「大切な人」に愛されるなどして「幸せすぎ」と明かしながらも、直後に「疲れた」「しんどい」といった書き込みも更新して、ファンの間で不安も広がった。そして、4月29日発売の東京スポーツが、由佳さんが精神的に不安定なことを理由に引退せざるを得ないとの見通しを報じた。

   ネット上では、内容が内容だけに、「小阪由佳ブログ」には、7日のエントリーだけでコメントが1500件以上も殺到して、炎上している。

   所属事務所だったエープラスのマネージャーは、取材に対し、由佳さんが結婚したいことを理由に11月1日付で事務所を辞めたことを認めた。本人の希望で3月から休みを取っていたという。

   「小阪由佳ブログ」については、辞めたのではっきりしないとしながらも、本人のものと思われるとした。「激太り」の指摘については、グラドルとして気になるほど太っていなかったとしたものの、妊娠については報告を受けていないという。

   悪態をついたような過激なブログ内容には、初耳だとして驚きながらも、「うちにいたときは、そんなことを言う子ではなかった」と話す。精神的不安定さについては、「問題は感じられなかった」とし、公式ブログで本人が疲れたなどと明かしたことには、「分かりかねます」と言っている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中