イエメンで拉致の邦人、無事解放

印刷

   イエメンで拉致された東京都在住の建築コンサルタント会社員、真下武男さん(63)が2009年11月24日未明に解放されたことが分かった。在イエメン日本大使館が確認したものだ。イエメン政府が地元部族の有力者らを介して部族民の犯人側と交渉を続け、8日ぶりに解決した。

   真下さんは、疲れているものの、けがはないという。「関係者にお礼を言いたい」などと解放を喜んでいた。真下さんは、JICAの事業で、イエメンの小学校建設に携わっており、建設現場に車で向かう途中に武装した数人の男らに拉致されていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中