ピーチ・ジョン女性社長、サンデー毎日側を提訴

印刷

   麻薬事件で再び逮捕された元俳優の押尾学容疑者(31)に部屋を貸した問題で、下着通信販売会社 「ピーチ・ジョン」の女性社長が、サンデー毎日を発行する毎日新聞社やライターらに1100万円の損害賠償や謝罪広告の掲載を求めて東京地裁に提訴したことが、2009年12月21日までに分かった。

   サンデー毎日は、10月11日号の記事で、押尾容疑者と一緒にいた女性が死亡した東京・六本木ヒルズのマンションの部屋を「社長が自由に使わせていた」などと報じていた。これに対し、女性社長側は、サンデー毎日の記事によって押尾容疑者に加担した印象を与えられたと主張している。

   一方、サンケイスポーツによると、毎日新聞社は、12月18日にあった初の口頭弁論で争う姿勢を示した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中