ブログに「ネーチャンのおっぱい」 国母選手またまたお騒がせ

印刷

   バンクーバー五輪、スノーボード・ハーフパイプ代表の国母和宏選手(21)が競技終了後も引き続きネットで話題になっている。本人と思われるブログがシュールなほど独特な言葉遣いで大きな反響を呼んでいるほか、「美人妻」のニセ画像まで出回るなど、何かとお騒がせなのだ。

   国母選手は2010年2月18日(現地時間17日)、スノーボード・男子ハーフパイプ決勝に出場した。1回目と2回目、ともに途中まで順調にエアを決めるも、最後の大技で転倒。メダルを期待されていたが、8位に終わった。

「俺もバフバフの雪に埋もれてーよ!」

国母選手も書いている「真七人侍」のブログ
国母選手も書いている「真七人侍」のブログ

   国母選手は乱れた服装や言動で、競技前から新聞・テレビ・ネットで大きく取り上げられていた。8位入賞という結果に対してネットでは賛否両論といった感じだったが、競技終了後の18日夜、今度は国母選手のブログに注目が集まった。

   国母選手はトリノ五輪に一緒に出場した中井孝治選手ら十数名と、「真七人侍」というグループで活動しており、これまでDVDでスノーボードの映像作品などを発表してきた。ブログはこの真七人侍のものだ。

   一番新しい更新は、2月1日の「REAL」と題された記事。1月29日に米国で開催された世界的なスポーツ大会「Xゲーム」で、国母選手が3位に入ったことを「これがREAL な『snow board』だろ」「マジ最高だぜ、X-GAME」と報告している。国母選手の署名「kazu」は入ってないものの、本人が書いたと見られている。

   また、1月更新の「POWER楽しんでるかい?」という署名入りの記事では、日本の数年ぶりの大雪に触れ「みなさん 『JAPOWDER』 楽しんでますか?」。

「俺もバフバフの雪に埋もれてーよ! まぁネーチャンのパフパフのおっぱいでもいいけどな」「世界的の大雪って事はホントにhappy な事だな」

とテンションが上がる様子を綴っている。

「美人妻」ニセ画像に「かわいすぎるだろ」

   この少し変わった雰囲気のブログに対し、ネットでは「この臭さを出せるのはマジで凄い」「米欄あれば確実に炎上してるだろうなw」といった反発が強まっている。競技が終わったにも関わらず、依然として話題独占状態だ。

   また、国母選手は09年に3歳年上の女性と学生結婚したことを明かしており、10年2月18日、その「美人妻」だとされる画像が2ちゃんねるに貼り出された。黒髪セミロングにメガネの清楚な女性で、「かわいすぎるだろ。羨ましすぎ」「国母批判を批判してたけど、国母批判側にまわるわ」と嫉妬する書き込みが寄せられたが、こちらはどうやら別人のニセ画像だったようだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中