「エクセレントNPOとは何か」 言論NPOがブックレット発行

印刷

   マニフェスト評価や政策ウォッチを行っている認定NPO法人「言論NPO」は2010年3月10日、ブックレット『「エクセレントNPO」とは何か―強い市民社会への「良循環」をつくり出す』を出版した。NPO法制定から10年以上が経った今、この国の市民社会は本当に強くなったのか。なっていないとすれば「強い市民社会」をつくるために何が必要なのか――そんな問題意識のもと、国内外の有力なNGO・NPOの代表や専門家からなる「非営利組織評価基準検討会」が2年にわたって議論した内容をまとめた。

   「エクセレントNPO」という言葉について、言論NPOの工藤泰志代表は、

「かつて世界的なコンサルタントであるマッキンゼーが、経営で成功するモデル企業を『エクセレント・カンパニー』とし、その要因を明らかにすることで世界のビジネス社会の変化を促したように、非営利組織の世界にも、強い市民社会を促すためのモデルが必要。私たちはそれを『エクセレントNPO』と名付け、非営利の世界での社会変革のモデルとなるNPOの要因を分析することで、その評価体系を構築しようと考えた」

と説明。ブックレットに収録された議論の意義について

「鳩山政権が『新しい公共』を政策として掲げる中、ここで行われた議論は、政治、そして非営利組織自身に対する、民間側からの強いメッセージとなると考えている。本書での提起を機に、社会の課題に向かい合い、第一線で活躍している人たちの協力も得ながら『強い市民社会』をつくるための大きな議論づくりを行いたい」

と述べている。ブックレットはA5版120頁、630円(税込)。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中