解散会社の社債を売りつけられるトラブルに注意

印刷

   会社解散後も旧社名で自社社債を売りつけるなどのトラブルが発生しているとし、国民生活センターは2010年3月17日に注意を呼び掛けた。社債を発行しているのはアフリカントラスト株式会社と、アフリカンパートナー株式会社。両社は09年末までに解散している。PIO-NET(全国消費生活情報ネットワーク・システム)に、苦情相談が10年2月末まで約550件登録されている。相談内容は「元本保証と説明され、社債を購入してしまったが解約してもらえない」など。契約者の8割が60歳代以上で、支払金額の平均が1件当たり約470万円。「ある投資家が高値で買いたいと言っている」などと話を持ちかけて社債を購入させるが、購入後は「一定金額以上でなければ転売できない」などと追加購入を勧めたり買取りを引き延ばしたりしている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中