漫画家・矢沢あい「重病説」否定 超人気「ナナ」連載再開いつ?

印刷

   人気マンガ『ナナ(NANA)』は作者・矢沢あいさんが病気で療養中のため、連載がストップしている。その後病状についてなんの情報も得られないなかで、女性週刊誌が矢沢さんに直撃取材し、本人は「重病ではなく、だいぶよくなっている」と語っていた。

   『ナナ』は1999年に月刊少女マンガ誌『クッキー(Cookie)』で読み切りとして掲載され、2000年から連載がスタートした。単行本にもなり、21巻の累計発行部数は4600万部を超える(09年3月時点)。

人気は衰えることなく、新しい読者も増える

「NANA」公式サイト
「NANA」公式サイト

   ロックバンドとしてメジャーデビューを夢見る20歳代の若者を描いた青春マンガ。登場人物のファッションに、矢沢さん自身が集めているという英国ファッションブランド「ヴィヴィアン・ウエストウッド」の洋服や小物がたびたび使用されたことも話題になった。

   05年には映画化されている。主人公の2人の「ナナ」を中島美嘉さんと宮崎あおいさんが演じ、中島さんが劇中で歌う音楽は人気ロックバンド「ラルク アン シエル」が楽曲提供した。

   連載は10年以上続き、開始当時20歳代だった読者は今では30歳代だ。人気は衰えることなく、新しい読者も増えて幅広い層に読まれている。少女マンガだが男性の読者も多い。

   人気絶頂のなか、発行元の集英社は2009年6月に休載を発表した。理由は矢沢さんの病気だとされ、病名は明かしていない。一方、報道各社は矢沢さんが緊急入院したなどと報じ、記事は「Yahoo!トピックス」にも掲載されて注目を集めた。重病説も流れていた。

「倒れてから、まだ、一度もペンは握っていません」

   休載から10か月。何の情報もなかったが、「女性自身」(2010年5月4日号)が「『NANA』矢沢あい独占告白 闘病10カ月」と題する記事を掲載した。女性専門の医療センターから自宅にタクシーで戻ってきたところを直撃取材したということだ。記事によると矢沢さんは、こう語ったという。

「いろいろ言われているみたいですけど、だいぶよくなってきているんですよ。漫画を描くのは体が資本なので、今はとにかく体がよくなることだけに専念しようと心に決めて、治療に励んでいます」

   さらに「決して治らない病気にかかっているわけではないんです」「『気長に治療をすれば、少しずつ回復していく』と、医者の先生もおっしゃってくださる」といい、重病説を否定した。

一方で、

「倒れてから、まだ、一度もペンは握っていません」
「今はまだ、仕事再開の目処は正直、立っていない状況なんです」

   とし、連載再開はだいぶ先になりそうだ。

   J―CASTニュースは集英社の広報室を通して担当編集者に問い合わせたところ、

「記事に掲載されていることについて、回答は控える」

   とのことだった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中