宮崎で口蹄疫「非常事態宣言」 東国原知事

印刷

   宮崎県内で感染が拡大している口蹄疫の問題で、同県の東国原英夫知事は2010年5月18日、非常事態宣言を発表した。口蹄疫が他県にも拡大する可能性を否定できないとして、消毒や不要不急の外出自粛、不特定多数が集まるイベント開催の延期といった防疫措置への協力を訴えている。また、政府は5月17日、口蹄疫の対策本部(本部長、鳩山由紀夫首相)を設置し、第1回会合を開いた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中