「三宅議員転倒」瞬間の真実は? ユーチューブで再生100万回超

印刷

   法案採決時に転倒してけがをした民主党の三宅雪子衆院議員(45)の「問題の瞬間」を捉えた動画が注目を集めている。中には100万回以上再生されたものもある。「背後から押された」とする三宅議員の主張には多くの疑問の声が寄せられているが、本人は強く自作自演・パフォーマンス説を否定している。

   三宅議員は2010年5月18日、朝の情報番組「スッキリ!!」(日本テレビ系)に電話生出演した。司会の加藤浩次さんは、映像を見ても三宅議員が甘利明・元経済産業相(自民党)から押されているようには見えない、とズバリ質問した。民主党は14日、三宅議員のけがに関連して甘利議員に対する懲罰動議を衆院議長あてに出している。

共産宮本議員も「自分で転んじゃって…」発言認める

   質問に対し三宅議員は「後から力が働いて足がからまって倒れたのは事実」と説明した。懲罰動議については、民主党が映像を検証し関係者の話も聞いた上で出した結論なので「議論は終わったと思っている」との考えを示した。「力」が甘利議員なのかは、自分は当時分からなかったが、党の検証結果を信じるということのようだ。

   自民党の馳浩衆院議員がブログ(5月13日)で、エレベーターで一緒になった三宅議員が「運動不足なんですかね、自分で転んじゃって、恥ずかしい」と話した、と書いたことについても質問が出た。この場に同席した共産党の宮本岳志衆院議員も17日のブログで、馳ブログに出てくる「自分で転んじゃって」発言について「おおむね事実です」と書いている。

   しかし、質問したテリー伊藤さんに対し、三宅議員は「言ってません」「『転んでしまった』と言った所を、『自分で(転んだ)』と思われてしまったのかな」と弁解した。加藤さんもテリーさんも終始厳しい口調で、納得がいかなそうな表情だった。

   加藤さんたちばかりでなく、三宅さんの転倒映像をみて疑問を持つ人は大勢いる。インターネットの動画サイト・ユーチューブでは、5月18日現在で再生回数が110万回を超えるものや60万回超のものなど多数の動画が公開されている。スローモーション版や「超スロー版」「逆再生版」などさまざまだ。動画を見てコメントを投稿した人の反応の多くは三宅さんに批判的だ。「自作自演」「(甘利議員の手は)当たってない」「白々しい」と厳しい声が並ぶ。

   記者が動画を見てみると、甘利議員が初鹿明博衆院議員(民主)の右腕・肩部分を両手で振り払うように押したように見える。初鹿議員が左側にやや態勢を崩したところ、初鹿議員の背後にいた三宅議員が一呼吸遅れたタイミングで前方につんのめる形で倒れていく。甘利議員の左手は一瞬カメラから死角となるが、初鹿議員が態勢を崩した瞬間には両手がカメラに映っている。この映像を見る限りでは、甘利議員が三宅議員の背中を押したようには思えない。民主党の山岡賢次・国対委員長は5月13日の代議士会で、TVカメラを前にして「甘利さんが三宅さんを2メートル先まで突き飛ばした」と批判している。

「誰かに押されたようには見えない」

   交通事故や労災事故で映像分析も数多く行っている任意団体「鑑定機構」(福島県)の綾田成樹代表に問題の動画を見てもらった。

   綾田代表は数回映像を見直した後、次のような見解を示した。あくまでこの映像の角度からはそう見える、という前提だ。(1)甘利議員の手は三宅議員を押していない(2)三宅議員がパフォーマンスで自ら転んだとは考えにくい。では甘利議員は三宅議員の転倒と無関係なのか。綾田代表によると「そうとも言えない」。

   綾田代表は、机と机の間の狭い場所に初鹿、三宅議員ともう1人(甘利議員とは別の)男性議員がいる密集状況が重要だと指摘する。甘利議員と初鹿議員のもみ合いのあおりを受け、バランスを崩した三宅議員の足が誰かの足にひっかかって転んだという可能性を指摘し、「(甘利議員と)100%無関係とも言えないのではないか」というのだ。

   もっとも、三宅議員は「背後から不意に押され」た(5月16日ブログ)と繰り返し主張している。この主張に対しては、綾田代表は「誰かに押されたようには見えない」と首をかしげていた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中