りそなHD公的資金の返済に動く

印刷

   りそなホールディングス(HD)は、預金保険法などに基づいて資本注入されている約2兆円の公的資金の返済について、2010年度上期中に道筋をつける。11月に新たな経営健全化計画の提出を控えており、それまでに「一定の実績を示しておきたい」(広報担当者)という。公的資金の一部を9月末までに返済したい意向だ。

   りそなHDは、当初3兆1280億円(注入額ベース)あった公的資金のうち、3分の1程度を返済。現在、優先株式で約1兆8000億円、普通株式約2600億円が残っている。

   返済原資には利益剰余金を充てたい考えで、3月末時点で約1兆4000億円を積み上げている。預金保険機構が保有する優先株式を買い戻す。同社は、「返済額よりも、返済条件を重視して(金融当局と)交渉していきたい」と話している。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中