菅次期首相週明けに組閣 「反小沢色」強まる

印刷

   週明けにも組閣が予定されている新内閣の顔ぶれが、少しずつ明らかになってきた。菅直人新首相は記者会見で「人事は白紙」と繰り返したものの、その内実は、「反小沢派」「非小沢派」で固められる可能性が高くなってきた。

   菅氏は2010年6月4日に開いた会見では、

「すべては全くの白紙。多少の時間をかけて、色々な皆さんの意見を聞いて決めたい」

とした上で、「小沢グループ」の処遇についても、

「どのグループをどうこうすることは全く考えていない」

などと「白紙」を強調していた。

財務相に野田佳彦財務副大臣?

首班指名後初めての記者会見に臨む菅直人氏
首班指名後初めての記者会見に臨む菅直人氏

   だが、人事は着々と進んでいる様子だ。菅氏は6月3日夜に仙谷由人国家戦略相・枝野幸男行政刷新相と都内のホテルで会談。菅氏が民主党の新代表に選出される前の段階で、事実上の「組閣本部」が立ち上がっていたとされる。

   6月5日時点で新聞各紙がそろって報じている顔ぶれは、官房長官に仙谷氏、菅氏の後任にあたる財務相に野田佳彦財務副大臣、というもの。党幹事長には枝野氏の起用も有力視されている。いずれのメンバーも、反小沢グループの急先鋒とされる、いわゆる「七奉行」の一角。さらに、「七奉行」の一員だとされる岡田克也外相や前原誠司国交相が留任した場合、新内閣が極めて「反小沢カラー」の強いものになるのは確実だ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中