菅首相が官邸で初会見 「オープン化」に消極姿勢

印刷

   菅直人首相は2010年6月8日、首相として初めての会見を首相官邸で開いた。鳩山政権から数えると、フリー記者も参加できる「オープン首相会見」としては4回目だ。だが、今回の会見では、オープン化については「総論賛成、各論反対」ともとれる消極的な答弁を繰り返した。

   記者会見のオープン化をめぐっては、鳩山由紀夫前首相が3月26日の初めてのオープン会見の中で、「これからは極力、できるだけ多く記者会見を開いていきたい」と述べ、各省庁でも同様にオープン化を進めていきたい考えを表明していた。

「ドゴール大統領、頻繁に会見した訳ではない」

記者会見に臨む菅直人首相(代表撮影)
記者会見に臨む菅直人首相(代表撮影)

   ところが、オープン化への意欲を問われた菅首相の答弁は、鳩山前首相とは対照的なものだった。菅首相は

「開くという意味が具体的にどういう形が適切なのか、総理という立場で検討に至っていない」

と断った上で、

「オープンにすることはいいが、ややもすれば、取材を受けることによって、そのこと自身が影響して政権運営が行き詰まるという状況も、何となく感じられる。政治家がやらないといけないのは、(自身の場合は)『内閣総理大臣として何をやるか』。『いかに伝えるか』は、米国では報道官という制度がある。かつての(フランスの)ドゴール大統領は、そう頻繁に記者会見を行っていなかったようだが、だからといって『国民に開かれていなかった』かと言えば、一概にはそうとも言えない」

と、記者会見を開く回数を増やしたり、参加を認める対象を広げることについて消極的な姿勢を示した。

   さらに、

「あるフリー記者が、官邸の担当者から『私の権限で、あなたを記者会見に出席させないことができる』と言われた。その記者は、検察や警察の不正を追及してきた。総理は、(今後)過去の活動実績や、個人の思想信条で会見への出席の可否を決めて良いという判断をするのか」

との質問についても、

「一般的には、出来るだけオープンにするのが望ましいと思っている。ただ、オープンというのが具体的にどういう形が望ましいのかについては、しっかり関係者の意見を聞いて検討したい」

と、同様の答弁を繰り返した。

参院選の勝敗ラインは50議席

   質問は、報道関係者が官房機密費を受け取っていたとされる問題にも及んだが、菅首相は、

「私から言うべきことと言うよりも、報道に携わる皆さん方が、議論するなり、ルール作りをすること」

と、突き放した。

   参院選については、会期延長の可能性について「他党の皆さんと議論して方向性を決めたい」と述べるにとどまったが、勝敗ラインについては、

「6年前の岡田代表のもとで戦った参院選がベース。これをどれだけ超えられるか」

と、50議席がメドとの見方を示した。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中