「iPhone 4」初日で60万台突破 システム障害で米アップル謝罪

印刷

   米アップルは2010年6月16日、米国など5カ国で新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)4」の予約申し込みが殺到し、注文システムにアクセスできないなどの障害が起こったことを謝罪する声明を出した。同社によると、同社と提携キャリアでの予約台数が受け付け開始の15日だけで60万台を突破した。1日の予約件数としては過去最高だという。

   米国でiPhone 4を扱っている電話会社AT&Tも16日、iPhone 4の予約台数が09年に発売された「iPhone 3GS」の10倍だとし、一時的に予約を停止。日本のソフトバンクでも混乱が生じ、孫正義社長は「iPhone4の予約において販売店もオンライン申込も大変御迷惑をおかけしました。心からお詫び申し上げます」とツイッターで謝罪した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中