駒野選手母の謝罪で「朝ズバッ!」批判 ツイッターでまた「デマ」が広がる

印刷

   ツイッターを通して拡散する「デマ」が問題化するなか、日本がパラグアイにPK戦で惜敗したW杯でも、「テレビ番組がPKを外した日本代表選手の家族に、ひどい内容のインタビューをした」という噂が広まっている。実際にはこのような事実はないのだが、ツイッターで拡散した内容をもとに、会社社長や国会議員までがマスコミ批判を展開。ツイッターがデマに対してぜい弱であることを改めて浮き彫りにした形だ。

実際には存在しないやり取りが流布

   デマが拡がっているのは、パラグアイ戦から一夜明けた2010年6月30日朝放送のTBS系の情報番組「朝ズバッ!」をめぐってだ。この日の放送では、試合内容を詳しく振り返るのはもちろん、全国のパブリックビューイングの会場で、日本の敗戦を残念がる観客の様子も伝えた。そのうち、PKを外した駒野友一選手(28)の地元の和歌山市内の会場には、母親の友美子さん(54)の姿もあった。番組では7時39分頃、涙をぬぐいながら、

「みんなに申し訳ない(中略)ホンマによくここまで頑張ってくれたと言ってあげるだけです」

と話す友美子さんの様子を、15~20秒程度紹介した。

   このコメントは、友美子さんが、複数の報道陣が当事者から話を聞く、いわゆる「囲み取材」に応じる中で出たものだ。この時の様子は、朝日新聞も夕刊第1社会面で、「PK失敗 駒野の母『よく頑張った』」という3段見出しを立て、比較的詳しく伝えている。

   ところが、どういう訳かツイッター上で、以下のような実際には存在しないやり取りが流布された。番組では、みのもんたさんと友美子さんとの「掛け合い」すら行われていない。

みの「お母さん、息子さんPK外しちゃったねえw」
母「残念です」
みの「日本国民みんながっかりしてるよw」
母「大変申し訳ありませんでした」

「マスコミの質は我々の責任」といった反応も

   それ以外にも、

「TBSは朝ズバで駒野選手の母親を引きずり出して、謝罪させた」

といった声がツイッター上で拡散。中には、

「TBS の『朝ずば』で、駒野選手の母親をインタビューし、謝罪させた話はご存知ですか?」

と、あらゆる著名人のアカウントに向けて問いかける利用者も登場。実際に、これに反応した人もいる。例えば、自民党のある衆院議員は、

「マスコミの暴力ですね」

と、短く返答。また、大手ゲームメーカーの社長は、ツイッター上の

「朝ズバっ!で駒野選手のお母さんにインタビューして『皆さんに申し訳ない』と言う言葉を引き出し放映したのは、いかがなものかと思う」

という書き込みに対して、

「最低ですね。最低。なぜ労わない。マスコミの質は我々の責任と言われますが、本当に気をつけなければいけませんね」

と、マスコミを批判している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中