読売と朝日世論調査で 「民主」と「自民」支持の差縮小

印刷

   1週間後に迫った参院選で、民主党は勝つのか負けるのか、世論が揺れている。2010年7月5日付の読売新聞や朝日新聞では、「民主支持」と「自民支持」の差が再び縮まってきたと伝えた。同日の毎日新聞は1面で「民主『改選54』維持も」と報じた。

   一方、菅内閣の支持率は落ち込んでいて、消費税の引き上げをめぐる菅首相の説明や対応について、国民の不満が広がっている。

民主党の支持率急落して30%

   2010年7月2~4日に、読売新聞が実施した世論調査によると、参院比例区の投票先について、民主党を「支持する」と答えた人は28%と、前回調査(6月25~27日)から3ポイント減った。一方の「自民党」を「支持する」と答えた人は16%。前回から1ポイント増えたことで、16ポイントあった差は、12ポイントに縮まった。

   朝日新聞の調査(7月3、4日)でも、現段階で比例区の投票先に民主党を選んだ人は前回調査(6月26、27日)から9ポイント減って30%に落ちた。自民党を選んだ人は同2ポイント上がって17%だった。

   また、「今後も民主党を中心とした政権が続いた方がよいと思うか」聞いたところ、「思う」と答えた人は36%で前回と比べて1ポイント減、「そうは思わない」との回答が47%で、同4ポイントと上昇した。民主党は総合的な政策の内容で自民党を上回っているものの、政策の実行力では自民党に劣っていることもわかった。朝日新聞は「止まらぬ民主離れ」と伝えている。

   菅首相が掲げる消費税の引き上げをめぐる議論で、「引き上げ」そのものにも反対が少なくないが、民主党の小沢一郎前幹事長が反対を表明。党内がごたついている印象を与えていることなどがマイナスに評価されているようだ。

無党派層がどこに投票するかで決まる

   一方毎日新聞は、7月2、3日に調査を実施した。民主党は比例区で優位に立っていると伝えている。1人区は自民党と熾烈な争いにあるが、それでも菅首相が目標ラインとする「改選54議席」は維持できそう。ただ、比例区と1人区を合わせて56議席に届くかは微妙な情勢という。

   政党支持率については、民主党が33%、自民党15%と、その差はダブルスコアで、「民主党の単独を望む」人も28%いる。

   毎日新聞が、みんなの党が改選議席ゼロから10議席程度を確保するとみているほか、朝日新聞の調査でも、「みんなの党に議席をのばしてほしい」という人が10%を占めて、「第3党」の位置につけている。

   約3割を占める無党派層がどこに投票するのかで、民主党の勝敗が決まることは間違いない。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中