木村前会長ら5人を逮捕 振興銀の検査忌避で

印刷

   日本振興銀行の検査忌避問題で警視庁は2010年7月14日、木村剛前会長、西野達也社長ら5人を銀行法違反(検査忌避)容疑で逮捕した。

   金融庁の立ち入り検査にあたり、業務内容を隠ぺいする目的で約280件の電子メールを意図的に削除。メールの欠落について、検査官に虚偽の説明をしたとされ、新旧経営陣が関与した組織的な検査妨害の疑いがある。

   木村前会長は、日銀出身の経営コンサルタント。竹中平蔵財務財政・金融相時代の02年、金融庁顧問として「金融再生プログラム」などの策定に携わった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中