秋田駅前の商店街が壊滅寸前 振興組合解散、アーケード撤去

印刷

   地域の顔となる秋田駅前で、中心商店街の衰退が進んでいる。商店街振興組合が解散し、アーケード撤去が決まるなどしているというのだ。こうした事態は、東北では秋田だけというが、なぜなのか。

   商店街があるJR秋田駅西口は、中央通から駅前に来て、大きな県道の広小路にUターンして抜ける道になっている。どちらも一方通行であるからだ。

イトーヨーカドーが10月中に撤退すると表明

   ところが、秋田商工会議所の関係者は、こうぼやく。

「最近は、単なる通過道路みたいになっているんですよ。車で来ても、シャッター通りになっているからです。その代わりに、郊外にある大型店に客足が流れています」

   駅前では、2010年3月に中央通商店街振興組合が解散した。店じまいが相次いで組合員が減り、主要事業の共同駐車場を売却。その結果、組合の意義がなくなったからだ。

   さらに、今度は広小路商店街振興組合が、7月14日の理事会で、6か所、計300メートル以上あるアーケードを撤去することを決めた。アーケードといえば、商店街のシンボル的な存在だ。組合は、その維持管理が主要事業のため、解散も検討されている模様だ。

   駅前の別の振興組合では、毎年行っている夏のカーニバル縮小も検討している。その核となるイトーヨーカドー秋田店が10月中に撤退すると表明し、その協賛金が出なくなるためだ。

   なくなったデパートや商店の跡には、全国チェーンのビジネスホテルや居酒屋が次々に進出している。駅前は、17年連続で路線価が下がっており、土地が安いため低価格でも利益を上げられるためだ。その代わりに、地元の商店は次々に消え、秋田らしさが急速に失われている。

秋田市「行政の責任ではない」

   なぜ、秋田駅前の商店街が、ここまで弱体化してしまったのだろうか。

   もちろん、郊外の大型店に押されたり、長引く不況が影響したり、他県でみられる事情もある。それに加え、秋田ならではの事情としては、行政による街作りの失敗が大きいというのだ。

   広小路商店街振興組合の佐々木清理事長は、こう明かす。

「国の公団が所有地を売却したのがきっかけで、郊外に、東北で最大規模の巨大なショッピングモールができました。商業統計から秋田市の商業が壊滅すると予想されていましたが、結果は予想通りになったということですよ。商店街は、遠方からの買い回り客が多いので、結果として、かなり客を取られました」

   商店街は、様々な種類の店があって成り立っており、歯抜け状態になって魅力がなくなってしまったという。組合は、アーケード撤去後は、イベントなどを運営し、まだ解散するかは未定だとした。佐々木理事長は、「合同の商店街組織を作るなどして、元気な街を何とか残していきたい」と言う。

   街作りが失敗したのは、行政のせいなのか。

   秋田市の市勢活性化推進本部では、こう反論する。

「巨大なショッピングモールは、1つの要因ではありますが、直接的な原因ではないと思います。一概には言えないということです。ですから、行政の責任ではありません。駅前の中心市街地については再開発事業を進めており、これがうまく進めば、にぎわいを取り戻せると思っています」

   ただ、この事業は2010年10月に着工予定だが、キーテナントについてはまだ発表されていない。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中