長男が酒気帯び逮捕 森元首相「議員辞職は当然」

印刷

   森喜朗元首相の長男で石川県議の森祐喜容疑者が酒気帯び運転をしたとして、石川県警小松署は2010年8月7日、道路交通法違反の疑いで逮捕した。

   各紙の報道によると、同日午前10時10分ごろ、酒気を帯びた状態でワンボックスカーを運転し、小松市大島町のコンビニエンスストアに突っ込んだ疑い。森容疑者は同日付で辞職願を県議会議長に提出し、受理されたという。

   森喜朗元首相は「心からお詫び申し上げる。本人の議員辞職は当然で、このような不祥事を起こし、ざんきに堪えない」とコメントした。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中