河村市長、民主市議団を批判 推薦取り消し問題

印刷

   名古屋市の河村たかし市長が民主市議団を批判している。民主党愛知県連は、2009年4月にあった名古屋市長選で河村氏に出した推薦について、さかのぼって取り消すよう党本部に求めている。これに対し、河村市長は10年8月9日の会見で、民主党市議団が党本部も認めた市長公約を守ろうとしていないと指摘し、「市議団こそ反党行為だ」と反論した。

   河村市長は、次期市議選で自身の地域政党から候補を擁立する構えを見せており、民主市議団は反発している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中