「消費税率は15%にするべき」 自民・野田税調会長が発言

印刷

   消費税について、自民党税制調査会の野田毅会長は、日本記者クラブで2010年8月10日に行った講演で、税率を15%にする必要があることを明らかにした。

   野田税調会長は、その理由として、税率を大幅に上げないと、「今の社会保障のレベルは維持できない」と述べた。ただ、当面は10%への引き上げを主張していくという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中