B-1グランプリ今年は厚木で 史上最多の46団体

印刷

   ご当地グルメの日本一を決める「B-1グランプリ」が2010年9月18、19日に行われる。5回目になる今年の開催地は神奈川県厚木市。史上最多の46団体が参加する。B級グルメブームの火付け役となったこの大会、今年はどんな名物が登場するか。

   B-1グランプリは、食で地域おこしをする団体が全国から集まり、自慢の料理を提供するイベントだ。来場者の人気投票によって日本一が決定する。これまで日本一に輝いたのは、静岡県富士宮市の「富士宮やきそば」(第1回、第2回大会)、神奈川県厚木市の「厚木シロコロ・ホルモン」(第3回)、秋田県横手市の「横手やきそば」(第4回)の3団体。いずれも受賞後に大ブームがおこり、全国から取り寄せの注文が来たり、地元に観光客が殺到したりした。

   今年はルールの改定で、過去にナンバーワンになった団体は殿堂入りした。会場で食べることは可能だが、投票にはエントリーしないため、確実に新たなチャンピオンが生まれる。有力候補は、第2回大会から2位をキープし続けてきた青森県八戸市の「八戸せんべい汁」か。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中