「ウィキリークス」創設者のレイプ容疑取り下げ

印刷

   米軍のアフガニスタン戦争について、軍事機密情報を暴露した内部告発サイト「ウィキリークス」の創設者、ジュリアン・アサンジ氏に対して、スウェーデンの検察当局は現地時間2010年8月20日にレイプ容疑で逮捕状を出したことを発表したが、数時間後に取り下げた。複数のメディアが伝えた。

   ウィキリークスは、アサンジ氏の逮捕容疑について21日、ツイッターで、「根拠を欠くものであり、逮捕状が出されたことに困惑している」と発言内容をアサンジ氏の名前で投稿。その後、スウェーデンの検察は公式ウェブサイトで、検事長名で「アサンジ氏はレイプ容疑者ではなく、逮捕状も撤回された」との声明を発表した。具体的な理由については触れていない。

   一方で、AP通信など一部報道では、アサンジ氏に対する「痴漢容疑」での調べが続いていると報じている。この件に関してアサンジ氏は、8月23日午後1時現在、ツイッターなどで発言していない。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中