アヤパン退社で女子アナ戦国時代 「新女王」日テレ西尾アナ有力?

印刷

   アヤパンことフジテレビの高島彩アナ(31)が年内で退社する。数々の女子アナ人気ランキングで女王の座に君臨していたアヤパンの「決断」は、女子アナ戦国時代の幕開けなのだろうか。新女王は誰になるのか。

   「私自身、すっきりしている所もありますので、楽しんでお伝えしていきます」。2010年8月25日早朝、情報番組「めざましテレビ」でアヤパンはこうにこやかに話した。

結婚が間近だとする寿退社説も

局ブログでも「退社」を報告したアヤパン
局ブログでも「退社」を報告したアヤパン

   アヤパンは前日24日、同番組で「少しゆっくりする時間が欲しいな、家族と過ごす時間を持ちたいな、という思いから決断致しました」と、10年9月末での番組「卒業」と年内退社を報告した。

   自らが語った「動機」は「ゆっくりする時間」だったが、交際中の「ゆず」北川悠仁さん(33)との結婚が間近だとする寿退社説やフリー転身説がスポーツ紙などをにぎわせている。宗教団体の教祖でもある北川さんの母親の意向で「結婚後は専業主婦」との見方もあり、アヤパンの退社後の去就ははっきりしない。

   アヤパンは人気女子アナの中でも特別な存在だった。「好きな女子アナ4連覇」(週刊文春、10年7月22日号)など女王の座が定位置だった。オリコンのランキングでは、08年までに5連覇を果たし殿堂入りした。

   インターネットの2ちゃんねるやミクシィ(mixi)などでは、退社を惜しむ声に混じって、ポスト・アヤパン予想も盛り上がり始めている。

   多くの人が注目しているのは、アヤパンが7年半司会を務める「めざましテレビ」の後任アナだ。ショーパン(生野陽子、26歳)やカトパン(加藤綾子、25歳)らの名前が挙がっている。新人アナの登竜門番組「パン・シリーズ」の後輩たちで、アヤパンは2代目だ。

   上述の文春7月ランキングをみると、フジテレビにはほかに、アヤパンと2人で「Early Morning」として歌手としても活躍し、先頃結婚した中野美奈子アナ(30歳、4位)や、秋元優里アナ(26歳、13位)らもいる。秋元アナは、滝川クリステル・アナ(32歳、3位、フリー)の後任として「ニュースJAPAN」のキャスターを務めている。ちなみにショーパンは15位、カトパンは25位だ。

   フジテレビ広報部によると、アヤパンの「めざまし後任」については、「人選も発表時期も調整中」とのことだ。

「嫌みな感じ与えない」という消去法で選ばれる

   さらに、文春ランキングを他局・フリーアナまで広げてみると、アヤパンに次ぐ2位は、「ズームイン!!SUPER」の西尾由佳理アナ(33歳、日テレ)だ。5位にはテレビ東京の大江麻理子アナ(31)がつけている。また、TBSから09年に独立してフリーになった小林麻耶アナ(31)は9位。西尾アナは、オリコンの09年末調査でも2位になっている。

   新女王は、こうした顔ぶれの中から繰り上がっていくのか、それとも下克上で新興勢力が伸びてくるのだろうか。

   週刊ポストで「今井舞の毒だしテレビ」を連載している今井舞さんは、「西尾アナあたり」が新女王になるのではないか、との予想を披露した。

「すでに『アイドル女子アナ』なんて一部の人の妄想で、タレントより安いから使われて、こんなことまでやらされているのね、という存在になっている」

   そんな状況下では、頭が良くて番組の流れを上手につくることができる女子アナのうち、「嫌みな感じは与えない」という消去法で選ばれているに過ぎないのが「女子アナ女王たち」だと今井さんは見る。

   もっとも、アヤパンがフリーアナになれば「1億円プレーヤーに」との憶測も流れる。来11年の各種人気アナ調査でも、「女王はやっぱりアヤパン」になる可能性もある。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中