民主分裂のはじまりか 小沢前幹事長の代表選出馬

印刷

   民主党の小沢一郎前幹事長が代表選へ立候補する考えを表明した。党内の一部には、小沢氏の立候補は党分裂につながりかねないとの危機感があった。菅直人首相VS小沢氏の戦いは、本当に党分裂につながってしまうのだろうか。

   「私としては(小沢氏を)応援する。(小沢氏の民主合流に自身が関わった経緯から)それが大義だ」。2010年8月26日、小沢氏の立候補表明を受け、鳩山由紀夫前首相は記者団にこう小沢氏支持を表明した。

「小沢氏には永遠に退場を願う」という声も

小沢一郎・前幹事長は、民主代表選への立候補を表明した。
小沢一郎・前幹事長は、民主代表選への立候補を表明した。

   鳩山氏は、8月24日に小沢氏と、25日には菅首相と会談するなど、両者の間を取り持とうと奔走していたが、それが「不調」に終わった形だ。鳩山氏には次のような危機感があったとされる。

   「このまま周りが突っ走って代表選に(小沢氏が)出馬し、小沢さんが党を出るようなことになれば、民主党は崩壊する」。読売新聞(25日朝刊)によると、鳩山氏はこう「周囲に懸念を示した」。

   脱小沢路線継続か挙党態勢か。代表選を巡る話題は、政策論争よりこの点に集中していた。「首相『脱小沢』を継続」。8月26日朝刊で、毎日新聞は1面トップ(東京最終版)でこう報じた。小沢グループの処遇を念頭に置いた「挙党態勢」を25日の会談の際に求めた鳩山氏に対し、菅首相が「脱小沢」路線を維持する考えを示した、と伝えている。そして26日には小沢氏が立候補表明する。これ以上の「脱小沢継続」は受け入れられない、ということなのだろうか。

   菅首相の側にも、鳩山提案においそれとは乗れない事情もあったようだ。読売新聞(21日朝刊)によると、菅首相を支持する前原誠司・国土交通相のグループ幹部は、小沢氏の要職起用について「前原氏や仙谷氏は絶対に許さない。『小沢氏には永遠に退場願う』というのが彼らの共通認識だ」との見方を示している。

政界再編へつながる動き出てくるか

   こうした根深い対立を背景に「党分裂」の可能性を指摘する声は、最近の全国紙報道を見る限りでも多く出ていた。

   鳩山グループの会合で「小沢氏の出馬について『党の分裂につながる』と慎重な意見が相次ぎ」(毎日、25日朝刊)、「菅氏のグループの衆院議員は『もし小沢氏が出馬したら党の分裂含みになる』と動揺を隠さなかった」(毎日、20日朝刊)などだ。

   ほかにも、「小沢氏周辺には『負けたら党を割ればいい』と、党分裂を容認する声がある」(朝日、20日朝刊)という分裂容認論もあるようだ。

   また、西岡武夫参院議長は23日の記者会見で、現職首相の対立候補として名乗りを挙げることは「相当の覚悟が必要」として、「党を去ることも選択肢に入る」と指摘している。

   民主党代表選の向かう先は、分裂なのか、それとも新たな融和なのか。10年7月の参院選で与党が過半数割れして政局が不透明な中、真っ向対決の民主代表選後には民主分裂、そして政界再編へつながる動きが出てくるのだろうか。代表選は、10年9月1日に告示され、14日に投開票がある。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中