水嶋ヒロ「本名」で小説大賞応募 出版社は俳優だと知らなかったのか

印刷

   小説大賞を受けた俳優の水嶋ヒロさん(26)は会見で、俳優名を伏せて応募したと明かした。とはいえ、ネット上などの一部で知られていた実名を応募で書いていた。出版社は最終選考後まで知らなかったというが、本当なのか。

   受賞作発表会の水嶋ヒロさんは、壇上に上がると、一瞬言葉に詰まったそぶりをみせる。そして、思い直したように、こう切り出した。

6月23日に応募し、9月20日に研音退社

緊張した様子で壇上へ
緊張した様子で壇上へ
「まず初めに、このような栄誉ある賞をいただきまして、恐縮しています。まだまだ身震いをしている最中です」

   そして、応募で芸名の「水嶋を隠していた」としたうえで、「純粋に作品が評価された事実をうれしく思っています」とお礼を述べ、深々と頭を下げた。

   2000万円の賞金というポプラ社の小説大賞には、1285作もの応募があった。ヒロさんは、2010年6月23日に415番目という早い段階で応募。その作品「KAGEROU」は、男の自殺を制止したのは命を守るためではなかったというストーリーだといい、激しい競争の中で、最終候補の7作に残った。そして、さらに3作が絞られ、10月25日の最終選考でヒロさんが大金の権利を手中にした。同賞は、初回以外は該当作がなく、5回目にしてやっと受賞者が出た形だ。

   しかし、ヒロさんは、「齋藤智」というペンネームで応募しており、同社事務局がヒロさんを認識したのは、同27日に本人と会ってからだという。

   ヒロさんは、シンガーソングライターの絢香さん(22)と入籍後、9月20日に所属していた研音を退社している。研音によると、「表に出るよりも執筆活動」という理由からだという。しかし、文学の新人賞を取ったわけでもないのに、小説家などに転身したいというのは変だと、一部週刊誌などでは、無断入籍による解雇説も出ていた。

   そんな中、1か月ほどで小説大賞を受けたことで、ネット上では、その経緯を巡って、様々な憶測が出ている。中には、「出来レースでは」とのうがった見方まであるほどだ。

   選考過程などで、出版社は本当にヒロさんを認識できる機会はなかったのか。

ポプラ社「最終選考後まで分からなかった」

   今回の小説大賞では、応募に際し、実名や職業などを書いた別紙を添付することになっていた。

   ポプラ社の事務局によると、水嶋ヒロさんの職業や略歴の項目は、空欄になっていた。しかし、実名の項目には、本名の「齋藤智裕」と書かれていた。

   ネット上などの一部では、ヒロさんの実名が知られていた。確かに、同名の一般人は何人かいるかもしれないが、盗作防止のためのネット検索などで分からなかったのか。

   これに対し、事務局では、一貫して最終選考後まで分からなかったとの立場だ。受賞作発表会でも、同社の坂井宏先社長は、本人に会って初めて、水嶋という俳優だと聞いたと説明。受賞について、「13人の選考委員の8割がOKを出した。小説としてスケールが大きい」と正当性を主張した。ヒロさんの小説家転身宣言についても、知らなかったという。

   事務局では、職業や略歴は、選考に影響しないといい、特に聞き直すこともなかったとしている。ヒロさんの受賞作は、荒削りと辛口の評価もあり賛否両論だったが、選考委員の二重丸が最も多かったという。

   ヒロさんは会見で、研音を退社した経緯も説明した。「決してクビにされたわけではない」として、話し合いの中で俳優業を中心にしないことを理解してもらったとした。「前所属事務所との関係も極めて良好です」ともしている。

   新しい所属事務所の「A stAtion」も、受賞にコメントを出し、新しい才能に使ってほしいと、賞金の2000万円を辞退したことを明らかにした。今後については、作家、クリエーター、そして俳優として活動していくとしている。絢香さんの楽曲管理会社がヒロさんのマネジメントをしているとされているが、ポプラ社では、新事務所がその会社に当たるのかどうかは分からないという。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中