羽生善治名人に別居報道 将棋ファンから心配の声

印刷

   将棋の羽生善治名人(40)が妻と別居していると女性誌が報じ、将棋ファンから心配する声が出ている。妻は、元女優の旧姓、畠田理恵さん(39)。女性誌の記事では、別居も不仲であることも明確に否定している。

   人もうらやむようなカップルに何が――。

次女のスケート通いで妻が横浜に?

真相はどうなのか
真相はどうなのか

   2人の別居を報じたのは、女性自身の2010年11月2日発売号だ。「天才棋士も読めなかった『結婚15年目の夫婦すれ違い』」などと、センセーショナルにタイトルを付けている。

   それによると、理恵さんは同3月ごろに、横浜市内のマンションに引っ越してきた。中学1年の長女(13)と次女(11)の2人の子どもと一緒だという。記事では、10月下旬に、2人を連れてマンション前で車を降りたときの写真などを掲載。一方、東京・世田谷区内の羽生邸では、善治さんが夕方に1人で帰宅したことを伝えている。

   また、これより前にも、善治さんの外出を見計らったように、理恵さんが食材の入った袋を羽生邸に運び入れ、その後、娘を連れて横浜へ戻るのを目撃したとしている。関係者の間では、夏ごろからすでに別居がうわさになっており、理恵さんの姿は、横浜で頻繁に目撃されていたというのだ。

   同誌では、理恵さんが羽生邸を出るところを直撃取材したといい、その説明を載せた。それによると、次女が横浜でフィギュアスケートを習っており、早朝や深夜の練習に合わせるため、部屋を借りることにした。善治さんとの別居や不仲であることについては、全面的に否定している。

   善治さんは、現在、竜王戦に臨んでいる。永世竜王の座を射止めれば、史上初の永世7冠に輝くが、これまで渡辺明竜王(26)に2連敗している。それだけに、別居報道について、将棋ファンから対局への影響を心配する声が上がっている。

「大事な時期」と報道に批判も

   ミクシィでも、女性誌報道は日記などで話題だ。

   日記を見ると、「大事な時期なんだけど・・・」と心配する声のほか、「羽生さんなら、別居ぐらいで将棋に影響は出ないでしょう」「将棋に熱中したいだけなのか」との指摘もあった。また、報道そのものについても、「この時期に出さんでもねぇ 神経戦やのにね」などと批判も出ている。

   将棋界では、本当に別居や不仲がうわさになっていたのか。

   ある著名棋士の家族は、ヤフー・トピックスにも記事が出たことから、「昼のニュースで知って、本人はびっくりしたと言っていました。何も知らないと言うんですよ」。ほかの将棋関係者に取材しても、「聞いたことがない」「ニュースで初めて知った」とのことだった。

   日本将棋連盟の広報課では、「こちらでは、まったく情報が入っていないので、分かりません。コメントのしようがないです」と言っている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中