「尖閣ビデオ」全面公開で真相示せ 「海に転落」「死亡」「暴行」説

印刷

   「尖閣ビデオ」流出をめぐり、海上保安庁が撮影した映像の公開を求める声があらためて強まっている。再三にわたり海保が否定している、衝突事件の際の「海保職員の海への転落」「海保職員の死亡」説がおさまる気配を見せず、もはや一般公開しか手はない状況にも見える。

   不信・不満の堆積に不穏な空気を感じるのか、旧日本軍の青年将校たちが大臣ら暗殺に動いた「2・26事件」(1936年)を引き合いに出す政治家らも出てきた。

週刊ポスト「『隊員落水』の衝撃映像」

尖閣ビデオが一般公開される日は来るか
尖閣ビデオが一般公開される日は来るか

   「『船長逮捕』『隊員落水』の衝撃映像 流出ビデオはまだ2本ある」。首都圏などでは2010年11月15日に発売された週刊ポスト最新号(11月26日・12月3日合併号)の表紙には、こんな見出しが並んだ。

   ポスト記事は、今回流出したビデオは、4本あるテープのうち2本を編集したものだと指摘。残りの2本のうちに、「実はそこに『中国人船長を逮捕する際に、海保職員が海に転落し、命を落とす危険にさらされた』シーンが収められているとの情報がある」としている。

   中国漁船との衝突事件の際、「海保職員が海に転落した映像がある」とのうわさ話は、「(転落後)中国漁船員から銛(モリ)でつかれた」という話とならび以前からあり、ネットや週刊誌、夕刊紙報道などで度々取り上げられている。「職員はその後死亡した」との話も含め、何度「デマだ」と指摘されても再浮上を繰り返している。

   J-CASTニュースは11月9日、「『尖閣事故で海保職員死亡』説 なかなか消えない本当の理由」で、「海保職員の海への転落、モリでつかれた、死亡した」の3点について、海保本庁と現地の石垣海上保安部の広報担当者がともに完全否定し、国会でも鈴木久泰・海保長官が否定していることを伝えた。関係筋から映像に関する話を聞いているという沖縄・石垣市の仲間均市議も、上記3点については「いずれも本当ではありません」と答えている。

   ただし、仲間市議は、今回流出した映像には含まれていない映像として、中国漁船を停船させた後に海保職員が中国漁船員から棒で叩かれるなどの抵抗を受けた場面があると聞いている、とも指摘している。

自民・谷垣総裁「最後はコントロールできなくなった」

   こうした「船長を逮捕する際のもみ合い」情報が、「その結果、海保職員が海へ転落」と膨らんでいる可能性はある。実は、05年春に起きた韓国漁船の検査拒否事案では、韓国漁船へ飛び移ろうとした海保職員のうち1人が夜の海へ転落する映像を第7管区海上保安本部(北九州市)が公開していた。尖閣諸島を受け持つ第11管区海上保安本部(那覇市)とは関係ないが、こうした映像がネットに出回り、勘違いを生み出している可能性もある。

   「海への転落映像がある」情報だけでなく、「転落した海保職員の死亡説」もいまだに流布が続いている。沖縄の葬儀屋から「モリで突かれて死亡した海保職員の葬儀を自分が行った」と聞いたと沖縄の人が話していた、という「新しい」話もあるようだ。

   こうした空気を反映してか、ネット上などでは「一般への映像(ほぼ)全面公開」を求める声が少なくない。もはや国会での海保長官の否定答弁など信じられない、ということなのだろうか。それは、「一般公開」を先導した形の映像を流出させた海保職員への「英雄視」にもつながる。

   自民党内からも、「日本の正当性を国民と世界に示した」(安倍晋三・元首相)と「流出」を肯定する意見が出る中、同党の谷垣禎一総裁は10年11月14日、ある懸念を示した。旧日本軍の青年将校らが「昭和維新」などを掲げ、高橋是清・大蔵大臣らを暗殺した2・26事件を例にあげ、「若い純粋な気持ちを大事にしなきゃいかんと(当初は一部が)言っていたが、最後はコントロールできなくなった」と、今回の流出騒ぎの「英雄視」に釘をさした。

   先の週刊ポスト記事では、ジャーナリストの惠谷治氏が「菅政権の対応の弱腰ぶり」などに対して海保職員が気持ちを抑えることができなかったのだろう、として「その意味で平成の『2・26事件』といえなくもない」と指摘している。

   10年11月15日、ネット上に流出した44分の「尖閣ビデオ」について、国会での公開を求める野党側に対し、民主党が慎重姿勢を変えなかったため、衆院予算委員会は野党の出席拒否で開会がずれ込むなど混乱した。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中