謎だらけ山路さんの結婚生活  なぜ別居のまま、なぜ婿養子に

印刷

   APF通信社代表の山路徹さん(49)が、「不倫」相手と認めたタレント麻木久仁子さん(48)の婿養子になっていたことが様々な憶測を呼んでいる。山路さんは、「娘さんの問題があるから」と多くを語らなかったが…。

   前妻のタレント大桃美代子さん(45)に疑われたのも、山路さんの本名が麻木さんの本名である「松本」姓になっていたことからだ。

「麻木久仁子さんの娘の問題がある」

   ミャンマーで2010年11月に潜入取材を試みて拘束されたとき、この姓で報じられたのがきっかけだった。その後、大桃さんが理由を尋ね、山路さんは、麻木さんと直前まで婚姻関係にあったことを認めたのだ。

   山路さんは、いわば婿養子になったことの理由として、2010年12月26日の会見で、プライベートなこととして詳しい説明を拒んだ。ただ、「(麻木さんの)娘さんの問題があるから」とだけは明かした。

   マスコミ報道では、山路さんが紛争地取材に当たって、素性を知られないようにするのに都合がよかったこともあるのでは、との観測も出たが、真相は定かではない。

   また、麻木さんとの結婚生活についても、不思議なことだらけだ。なぜか麻木さんと同居はせず、麻木さんの娘の顔もほとんど見たことがないというのだ。

   麻木さんは、大桃さんから暴露されて初めて、山路さんとの婚姻関係を認めており、結婚については言いたくなかった様子だ。山路さんも、麻木さんとの結婚時期について、麻木さん側から説明があるとして、なぜか説明を拒んでいる。麻木さんと1か月ほど前に離婚した理由についても、ミャンマーの拘束事件もあって、一緒にやっていくのはつらいと考えたとの説明に留まっている。

   こうしたことには、何か特別な事情でもあるのか。

家庭内の事情がややこしかった?

   婚姻事情に詳しいある弁護士は、山路徹さんが婿養子になった理由について、麻木久仁子さんの娘が関係した可能性はあるとみる。

「娘さんが学校を出たり就職したりするまでは、その姓を変えないように配慮したことは考えられます。また、娘さんが実の父親を慕っていたから、というのもありえますね。つまり家庭内の事情がややこしかったということです」

とはいえ、別の理由も考えられると指摘する。

   山路さんは会見で、麻木さんの個人事務所代表として報酬を受け取っていたほか、事務所名義のマンションや車をプライベートでも使っていたことを明らかにした。こうした「大人手当」を受けるため、何らかの理由で麻木さんの姓を名乗る方が都合よかった可能性もあるという。

   もちろん、海外取材でジャーナリストの身分を隠す理由も否定できないとしている。

   別居するなど不思議な結婚生活については、こうみる。

「同居していなくても、夫婦間の愛情はあったと思いますよ。そうでないと、『大人手当』などは考えられませんから。麻木さんは、山路さんに億単位ぐらいのお金をつぎ込んでいるようですから、離婚したのは、その問題でもう限界と感じて愛情が冷めたこともあるかもしれません。結婚時期について明らかにできないのは、大人手当の事情のほか、大桃さんへの配慮がある可能性もあります」

   麻木さんの所属事務所では、担当マネージャーが「個別取材は受け付けていません。マスコミの方には、後日代理人の弁護士が説明すると伝えてあります」と話している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中