今度は「偽造クーポン」疑惑 グルーポン側は否定 

印刷

   グルーポンに、今度は「偽造クーポン」疑惑が浮上した。きっかけは、東京・吉祥寺のたい焼き店がグルーポンで販売していたクーポンの取り扱いを突然中止。その理由に、グルーポンの偽造クーポンへの対応をあげたからだ。

   安く商品が購入できたり、サービスが受けられたりすると爆発的な人気を博したクーポン。一方、提携する販売店側としても集客力が高まるなどの宣伝効果を期待していた。

   このたい焼き店では、今回の中止を「苦渋の決断」としている。

「重複利用があったとの報告を受けている」

「偽造クーポン」はあるのか、ないのか(写真は、東京・吉祥寺「たいやき鯛勝」のホームページ)
「偽造クーポン」はあるのか、ないのか(写真は、東京・吉祥寺「たいやき鯛勝」のホームページ)

   グルーポンは、「たいやき鯛勝」の商品「1000円」分を50%OFFの500円で販売した。「たいやき鯛勝」のブログによると、2010年12月にグルーポンの営業担当者と交渉し、12月26日に急遽掲載が決定。これまでに1700枚が売れ、利用期間は6月までだった。

   ところが、2011年2月15日のブログに「グルーポンのクーポンに関してのお知らせ」を掲載。同日付でグルーポンが発行したクーポンの使用を中止することを明らかにした。 この日のブログでは「返金、苦情等の問い合わせはクーポンへ連絡ください」と、一方的な通告のようにみえたが、翌日にはサービス停止について理由を説明。「偽造クーポン」の存在があったとし、それに伴うグルーポンの対応が「よくありませんでした」とこぼしている。

   2月21日時点で、「たいやき鯛勝」は「グルーポン側からは第3者を立てて話し合いがしたいとの連絡があったが、その後は何も連絡もない」としている。

   一方、グルーポン・ジャパンは、「今回の件は偽造クーポンではなく、重複利用があったとの報告を受けている」と説明している。重複利用は1件だけで、「先方からの電話の後、重複のあったクーポンに関してはできる限りの対応をしました」と話している。

   告知については「購入者に対してのみ、すべてキャンセルの連絡をしています」とし、クーポン利用の中止についてホームページなどによる情報開示は行っていない。

店側も「こんなはずでは…」との思い強まる

   グルーポン・ジャパンは「クーポンをすべてキャンセルしたのは、偽造クーポンが理由ではない。通常であれば、クーポン番号の確認で、重複利用を防ぐことができる」と、今回があくまでイレギュラーなケースという。

   「偽造クーポン」が増えれば、店側は確認作業に追われて手間がかかるため、販売機会を逸してしまう心配がある。「たいやき鯛勝」も、「本物のクーポンと偽物のチェックのため、(販売に)予想以上に時間がかかってしまった」と、かえってお客に迷惑がかかったという。

   また、ブログでは「料金の支払いについても当店は大企業とは違い、個人経営の小さな店なので正直厳しいのが実情でした」と厳しい資金繰りのようすが吐露されている。「このままでは当店の宣伝、リピーターの獲得どころか、存続さえ危ぶまれる状態に陥ってしまう」と深刻だ。

   あるクーポンサイトの運営者は「偽造クーポン」について、「クーポンを買った人が悪意をもってすれば、グルーポンでなくとも起こり得ることです」と指摘する。しかも、グルーポンは偽造対策を、比較的しっかり施しているほうだという。

   「おそらく、利用者や提携する店が急激に増えたことで、こうした社内ルールが隅々に行き渡っていないのではないか。営業担当者と店側の意思疎通もできておらず、店側も宣伝効果よりも、事前予約番号の照合などの負担が予想以上にかかっていることに、『こんなはずでは』との思いを強くしているのではないか」とみている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中