日本の人口1億2805万人 「ほぼ横ばい」10年国勢調査

印刷

   日本の総人口は2010年10月1日時点で、1億2805万6026人となった。総務省が2011年2月25日に10年国勢調査の速報値として発表した。

   前回調査(2005年)に比べて0.2%(年率0.05%)増とほぼ横ばい。人口の伸び率は1920年の調査開始以来、最低となった。出生数が死亡数を下回る自然減が拡大していることで日本の人口は減少傾向にあるが、「予想よりも急激ではなかった」(総務省)。

   世帯数は5195万2000世帯で、前回調査から4.8%の増加。1世帯あたり2.46人と、規模の縮小が続いている。

   都道府県別でみると、人口が増えたのは東京都や神奈川県、千葉県、大阪府など9都府県。秋田県、青森県、高知県など38道府県で減少した。地域間格差は拡大している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中