コンビニ各社がパン、ラーメンなど支援物資提供

印刷

   コンビニ各社が、東北地方太平洋沖地震災害に対して、緊急支援物資の提供を2011年3月12日から始めている。

   セブン-イレブン(セブン&アイ・ホールディングス)は、ミネラルウオーター(2L)3万本に菓子パン1000個、毛布1000枚などを、ローソンはミネラルウオーター(2L)5760本やカップラーメン4万個に、使い捨てカイロ、マスクなどを、ファミリーマートはゼリー飲料384食、菓子312食、カップラーメン類996食を、サークルKサンクス(ユニー)がペットボトル紅茶2688本、缶コーヒー3600本、パン4000個などを、それぞれ数回に分け、宮城、福島、青森などの被災地へ送っている。

   また、ローソンでは、13日夕方から、被災地区を除く北海道から九州までのグループ全店舗(ローソン、ナチュラルローソン、ローソンストア100、HMV/約9000店舗)で節電を行う。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中