徹底調査:モノが消えた(3) 高級ブランド「地震の影響」で続々休業

印刷

   3連休の初日、通常であれば買い物客で混みあう繁華街だが、震災は人出にも影響しているだろうか。

   東京・銀座を歩いてみると、表面上は普段の休日と変わらなかったものの、なぜか高級ブランド店が軒並み臨時休業していた。

百貨店の棚のブランド商品がカラッポ

 
連休初日の銀座は「いつも通り」のにぎわいに見えたが
連休初日の銀座は「いつも通り」のにぎわいに見えたが

   JR有楽町駅から数寄屋橋交差点を抜け、銀座4丁目交差点へと向かう道は、連休初日となった2011年3月19日の昼過ぎ、まずまずのにぎわいをみせていた。春の日差しに恵まれて気温が上がったためか、若者から子ども連れの夫婦、外国人など様々な顔ぶれが見られる。

   ただ、いつもと違う光景もあちこちで見られた。目立ったのは、東北関東大震災の被災地に向けた募金活動の姿だ。駅前や交差点で「募金をお願いします」という集団の声が聞こえてくる。

   銀座の目抜き通りでは、多くの店舗で照明を落としていた。店内が暗いため、道路から奥まった場所にある飲食店は入り口にわざわざ「営業しています」と強調する張り紙を掲示しているところもあった。

   その中で際立っていたのは、高級ブランドの専門店が続々と店を閉めていたことだ。コーチやエルメス、シャネル、ブルガリといった有名店が軒並み「震災の影響で臨時休業」との「お断り」を入り口に張り出している。休みだとは知らずに訪れた二人連れの若い女性は、トビラが閉まっているのを見て「えー、休みなの」と落胆した様子を見せた。

   百貨店にあるブランドコーナーも同様だ。あるブランドは、棚から商品をすべて撤去したうえで「本日休業」となっていた。近くにいた店員に聞いてみると「連休中はどのお店でも営業していない、とうかがっています」と答えた。

   高級ブランドすべてが営業していなかったわけではない。百貨店の紳士服売り場に入っている男性ブランドや、女性向けの高級靴ブランドは通常通り店を開けていた。

「お客様の安全を確保するため」

   あるブランドの専門店では、店員が入り口のドアの前に立ち、訪れる客に対して営業している百貨店内の店舗に誘導していた。臨時休業の理由を聞くと、「節電の指示が政府から出ている」ことを挙げて、「お客様の安全を確保するため」だという。営業中の突然の「大規模停電」といった万一のケースを想定しての処置だったのか。

   別のブランドでは、地震で物流システムに影響があり、客への十分なサービスが提供できない恐れがあるため休業を決めたそうだ。食料品や電気製品と同様、ブランド品にも配送のダメージが大きいということだろう。

   一部のブランド店は、連休終了後の3月22日以降の営業についても「現時点では協議中」というところもあった。一方で銀座にある百貨店や大手衣料品店、貴金属店では終了時間を早めながらも、連休中は営業しているところも少なくない。どのような「基準」でこれらのブランド店が休業を決めたのか、いまひとつ謎だ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中