福島・双葉町の1200人がさいたま市に避難 役場機能も移転

印刷

   東京電力の福島第1原子力発電所の事故で、避難指示の出ている福島県双葉町の町民ら約1200人が2011年3月19日、さいたまスーパーアリーナ(埼玉県さいたま市)に到着した。福島県川俣町に移動していた役場機能も近く移転する。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中