ホウレンソウとカキナ、4県に出荷自粛を指示

印刷

   政府の原子力災害対策本部(本部長=菅直人首相)は2011年3月21日午後、福島、茨城、栃木、群馬4県の知事に対して、当分の間、ホウレンソウとカキナの出荷を控えるように指示した。福島県については、牛の原乳についても出荷を控えるように指示した。東京電力の福島第1原子力発電所の事故を受け、原子力災害対策特別措置法に基づいた措置。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中