テレビでの大震災政府広報が浮上 ACのCM枠を利用

印刷

   「同じCMが繰り返し放送されて不愉快」などと一部で指摘されているACジャパンの広告の枠を、災害関連の政府広報に利用できないかという構想が国会内で浮上している。

   だが、政府広報をめぐっては、「税金でCMを投入してテレビ局や新聞社を事実上支援している」との声も根強く、実現に向けては紆余曲折がありそうだ。

「もっと流すことがあるだろう」

   今回の構想が浮上したのは、2011年3月22日の衆院財務金融委員会だ。自民党の後藤田正純衆院議員が、東北関東大震災を受けての政府の対応を質す中で、

「コマーシャルを見ても、ACのコマーシャルを何度も何度も流されて、『もっと流すことがあるだろう』と(思う)。節電の問題は然り、被災地域に対しての配慮、風評被害の問題など、被災地域に伝える努力をもっとしたほうがいい」

と、特に手形・保険などに関する金融分野についての広報強化を求めた。翌3月23日にも、後藤田氏は

「皆さんも感じていると思いますよ。テレビを見ていると、ACのコマーシャルが目につく。もうね、私も覚えちゃいましたよ。『心は見えないけど、心がけ』」

と、CMのフレーズを引用。議場内の苦笑をさそった。

   さらに、

「『金融がこういうことをやっている』『こういう支援を国がやっている』ということも言わないといけないし、停電・節約の話をね、どんどんテレビでやるべきですよ。そして、先ほど柳田さん(柳田和己衆院議員)がおっしゃったような風評被害の問題も、コマーシャルでやるべきですよ。『官邸は何やってるんだ』って僕は言いたい」

と、官邸批判を展開。

官房副長官は前向きな姿勢?

   そして、

「これは是非委員長の指導力と、また古本(伸一郎)筆頭(理事)を始め、与党の力を借りないといけないと思いますが」

と、具体的な対応を求めた。

   石田勝之委員長は、

「ただいまの件については、今日午後4時、古本筆頭理事が、官房副長官に申し入れをすることになっております」

と応じた。

   このあと、古本筆頭理事が首相官邸に福山哲郎官房長官を訪ねて申し入れを行ったところ、福山氏は政府広報の強化に前向きな姿勢を示したという。

   委員会のメンバーでもある民主党の三村和也衆院議員は、ツイッターに、

「批判が多くなっているACの広告について、より今必要な情報を流すよう内容を変えるように官邸に財金委から申し入れ、実際に政府広報の枠を取って情報発信することとなった」

と、やや断定的な書き込みをしているが、内閣府の政府広報室では、

「『ACの枠を政府広報で』ということは、特段聞いていない」

と話している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中