原発汚染水の流出食い止められるか 切り札「高分子ポリマー」とは

印刷

   福島第1原子力発電所の2号機の取水口付近にある作業用の穴(ピット)に高濃度の汚染水が溜まり、海に漏れている問題で、亀裂をふさぐため、水を吸収する「高分子ポリマー」という化学物質が使われることになった。紙おむつなどに使われるものと同じ化学物質で、2011年4月3日に作業を行った。

   4月2日、ピットの水の表面から毎時1000ミリシーベルトを超える高い放射線量が測定された。東京電力は亀裂をコンクリートで埋めようとしたが、水の量が多くコンクリートが固まらず失敗した。このため、ピットの上流側に穴を掘り、タービン建屋とピットを繋ぐ配管内部にちぎった新聞紙を入れた袋や、おがくず、高分子ポリマーを流し込んだ。流出量の減少は確認されていないが、4日朝まで状況を注視したいとしている。

紙おむつやナプキン、土嚢にも使われる

   高分子ポリマーは水を吸収すると数十倍に膨張し、吸収した水分を固める作用がある。紙おむつや生理用ナプキンなどに使われており、原子力安全・保安院も3日の会見で、今回使われる高分子ポリマーが紙おむつに使われているものと同じだと明らかにした。水を吸収後50倍に膨らむという。

   一見するとかなり突飛な方法だが、高分子ポリマーはその性質から、持ち運びに便利な緊急時の土嚢としても使われてきた。

   保安院は今回の作業で水を止めた後、コンクリートで固める方針だ。この結果、他の場所から汚染水が漏れた場合は、施設内のタンクなどに溜めるとしている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中