【被災地はいま】4月9日 「とっさの判断」で救われた命

印刷


   宮城県気仙沼市仲町で時計店を営む川口憲一さんは2011年1月、アキレス腱を断裂した。これが後の運命を左右することとなった。川口さんは震災当日、午後2時から病院で診察を受け、帰宅中。目の前の交差点を左に曲がれば、自宅だった。

「車のタイヤが浮き上がってバウンドするほどの揺れだった」。

   一瞬、左折して貴重品を取りに帰ろうかと考えたが、とっさにハンドルを右に切り、高台にある市立気仙沼中に避難した。2日後、水産加工会社で働いていた妻・美栄子さんとも合流し、同中学で避難生活を続けている。

   約500人が避難生活をおくる市立気仙沼中で、ひときわオシャレな紳士に出会った。同市幸町で会社を経営する吉田喜市さんだ。淡い紫のスカーフを首に巻き、赤いジャケットを粋に着こなす。

   吉田さんは本震直後、妻・実千代さんの「走るよ、逃げるよ」の言葉で、車ではなく走って逃げた。路上はすでに乗用車で大渋滞だった。動かない車の脇をすり抜け、坂道を駆け上がっているとき、津波は既に背後まで迫っていた。

   「とっさの判断力だったねえ」とふり返る実千代さん。

   川口さんも、吉田さんも、「とっさの判断」と言うが、過去のどんな地震や津波警報でも必ず避難をし続けてきた結果でもあるのだという。(カメラマン・会田法行)

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中