散歩中の犬が嘔吐、死亡する怪事件 食べた骨に付いていた青い粉末は?

印刷

   宮崎県新富町で、散歩中の犬が魚やニワトリの骨を食べ、痙攣をおこし、死に至るといった奇妙な事件が相次いでいる。骨には青い粉末のようなものが付いていた。捜査を進めている宮崎県高鍋署は、犬を飼っている住民に注意を呼び掛けている。

   高鍋署によれば、今回の事件を知ったのは2011年4月9日午後10時39分の電話通報から。「飼い犬が何かを食べ痙攣を起こした」というものだった。

4匹共にほぼ同じ場所で拾い食いをしていた

   高鍋署によれば、通報のあった犬が青い粉末がかかった骨を食べたのはその日の午後8時。飼い主はすぐに動物病院に運んだため一命を取りとめた。そして獣医と相談し通報してきたという。その後、同じ日の午後7時に同じ場所で道に落ちている骨を食べ、体調を崩した飼い犬がいることがわかった。

   さらに4月11日朝、同じ場所で何かを食べ嘔吐、痙攣が起こった犬がいるとして、新富町役場から通報があった。捜査を進めると1月8日、これまでの3匹と同じ場所で何かを食べ、動物病院に運ばれた犬がいたことが分かった。その犬は死亡した。

悪質なイタズラなのか

   この4匹の犬が骨のようなものを食べた場所は、見晴らしが良い農道。農作業をする人以外はあまり使わない道で、骨のようなものは農道の脇に放置されていた。青い粉のようなものが何なのか現在分析中だが、農薬の可能性があるという。骨を放置した「犯人」は悪質なイタズラとしてやったのか、なんらかの事情で置いたのかはわかっていない。

   農薬の専門家に話を聞くと、農薬を使って家畜や野生の鳥などを殺す事件はこれまで度々あったという。農薬そのものに動物の食欲を促す成分などは全くなく、今回の事件の青い粉が農薬だとすれば、犬は鳥や魚の骨に反応しているのでは、と推測する。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中