芥川賞作家のぶっちゃけトーク 稲垣吾郎に「センズリするか」

印刷

   インターネット上で人気を誇る、芥川賞作家の西村賢太さん(43)がテレビ番組で、ぶっちゃけたトークを連発した。話の流れで、SMAPの稲垣吾郎さんに「センズリするか」を聞き、文学賞で候補作が落選した時は「落とした人を恨みました」、さらには「編集者は一番腹が立つ」などと言い放った。

   西村さんは2011年1月、自身をモデルにした、日雇い労働をする男の孤独を描いた小説『苦役列車』で第144回・芥川賞を受賞。中学卒業後、日雇い労働で生計を立て、逮捕歴もある異色の経歴や、授賞式では「そろそろ風俗に行こうかなと思っていた」などと発言したことと相まって、ネット上では「おれたちの西村さん」と人気を呼んだ。

「文化人的な生活はしていたんですよ」

   その西村さんが出演したのは、TBS系深夜のトーク番組「ゴロウ・デラックス」(2011年4月28日)。稲垣さんのほか元アナウンサーの小島慶子さんがMCをつとめている。西村さんは番組で、2本の酒を飲み、これまでの人生を振り返りながら、身の上を気さくに話した。

   11歳の時、父親が性犯罪で逮捕され家を引っ越し、15歳の時には高校進学せずに日雇い労働で生計を立てていた。29歳の時には暴行事件を起こし留置場に居た経験もある。20代半ばからは、古書店の手伝いなどもしていて、本人は「文化人的な生活はしていたんですよ」と言ったあと、話はこう続いた。

「(生活は)基本的には変わんないんですけどね。やってることと言えば、人に使われて、わずかなお金を得て、家帰って酒飲んで、センズリして寝るぐらい。15歳から今までずっと変わんないんですよ」

   話の流れで、稲垣さんが「(センズリは)朝しない、夜して寝るんですか?」などと質問したが、今度は西村さんが「稲垣さんはどうですか。稲垣さんはセンズリしねえわ」と笑いながらムチャぶり。これに稲垣さんは、顔を引きつらせながら、「しないですね。したことないですね」と苦笑いで切り返し、場をのがれていた。

「もう腹のたつヤツばかり。作家、編集者は」

   話は小説のことにも及ぶ。西村さんは2008年にも『小銭をかぞえる』が第138回芥川賞の候補作に挙げられたことがある。落選した時のことをMCの小島さんが「落ちた時は選んだ人を恨んだりしないのか」と聞くと、「恨みます」と即答。本人に言わせれば、作品をけなされたとしても何かを言ってくれた方がいい。はじめから無視して何も言及しない人は「ものすごく恨みを持ちますね」。

   また、稲垣さんが「腹がたつ人は多いか」と話をふると、苦笑混じりで「もう腹のたつヤツばかりですね。作家、編集者は。もう編集者が一番、腹が立っているんですよ」とぶっちゃけた。小島さんが「編集者は味方なのでは」と言っても、「僕には敵なんですよ。それ以前にも、ものすごく僕は編集者と仲が悪いんで。芥川賞をとったからって、あえて近づいてこないところがいやらしい。そういうのはいいから、ちゃんと来ればいいと思う」と注文をつけていた。

   番組を見て、ネット書き込みには「暗い性格してそうなイメージだったが結構トークが出来る人なんだな」「芥川賞作家というよりも、その辺にいる独身のおっさんっていう感じがいいねえ」「ほんとに友達もいないダメ人間なら、稲垣吾郎を前にアルコールが入ってるとはいえあんなに堂々としてられないよ」などとあり、芥川賞作家の意外な一面を見た人も多かったようだ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中