首相としての歳費を返上 原発事故「責任者としてお詫び」

印刷

   菅直人首相は2011年5月10日の記者会見で、東京電力の福島第1原子力発電所の事故について、「政府にも大きな責任がある」として、事故収束のめどがつくまで首相としての歳費を返上することを表明した。ただし、衆院議員としての歳費は受け取る。

首相としての歳費返上を表明した菅直人首相
首相としての歳費返上を表明した菅直人首相

   菅首相は、事故について、

「直接の原因は地震、津波によるものだが、これを防ぎ得なかった責任は事業者の東電とともに原子力政策を国策として進めてきた政府にも大きな責任があると考えている」

と政府の責任を認めた上で、

「その責任者としてこうした原子力事故を防ぎ得なかったことを大変申し訳なく、お詫び申し上げる」

と陳謝。6月から事故収束のめどがつくまで、首相としての歳費を返上する。また、原子力政策を所轄する海江田万里経済産業省についても、

「大臣として自ら判断するのではないか」

と、近く返上を表明するとの見方を示した。

   菅首相は、衆院議員としての歳費は引き続き受け取る。議員報酬はボーナスを含むと年間約2100万円だが、3月31日には国会議員歳費減額特例法が衆参両院の本会議で成立しており、1人あたり300万円削減して、東日本大震災の復興財源に充てることになっている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中