ローソンの「けいおん!」キャンペーン グッズ争奪戦、早くもヤフオクで高騰

印刷

   コンビニチェーン、ローソンで2011年5月10日から人気アニメ「けいおん!」のタイアップキャンペーンが始まり、店舗にファンが殺到した。タイアップ商品が即売り切れ、ヤフオクでも高値で取引されるなど、爆発的な人気を見せている。

   ローソンは10年秋にも「けいおん!」タイアップキャンペーンを行っていて、今回は第2弾となる。

「激しい戦争だった」「1万円くらい使った」

   パンから菓子、文房具まで20種類以上のタイアップ商品を用意。どれもパッケージや商品にキャラクターのイラストがプリントされている。また、対象となっている菓子を2個購入すると、先着でオリジナルうちわがもらえるほか、ローソンで600円以上の買い物をしたレシートを郵送すると抽選でオリジナルの自転車やTシャツが当たったりと盛りだくさんだ。

   前回のキャンペーンも対象商品となった「午後の紅茶」(キリン)が店頭から消えるなど大盛況だったが、今回も相当盛り上がっている。

   9日夜から10日未明にかけ2ちゃんねるには「埼玉県中規模都市 激しい戦争だった」「全部で1万円くらいかな スタンドかえなったが満足満足」「回った店舗 4軒 購入数 22 購入金額 6211円」といった報告が寄せられた。戦利品の画像をアップされていて、1人で何十種類もの商品を買った人が相当数いるようだ。

元値750円のぬいぐるみが2万円!

   うちわの配布が朝7時からだったので、「出勤前にローソンでけいおんうちわ入手してみた」といった呟きもツイッターにあった。東京都千代田区のとあるローソンでは、10日昼の段階で、タイアップ商品が軒並み売り切れ。うちわも種類によっては既にないものがあり、全てなくなるのも時間の問題という感じだった。

   最も熾烈な争奪戦が繰り広げられたのが、主人公・平沢唯のぬいぐるみだ。元々数が少なく、多くの店舗で入荷早々なくなってしまったようだ。早くもヤフーオークションに出品されていて、元値が735円にも関わらず、だいたい1000円から5000円ほどで取引されている。中には2万円で落札されたものもあった。

   前回キャンペーン時にはキャンペーンサイトにアクセスが殺到、一時サーバーがダウンした。ローソン広報によると、今回はそうしたことがないよう、サーバーを増強して臨んだという。10日に発売した分はまだ全体の一部で、17日にもホッチキスやあぶらとり紙など新たなタイアップ商品が店頭に並ぶ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中