「初音ミク」フィギュアで約7500万円を寄付

印刷
「ねんどろいど 初音ミク 応援ver.」
「ねんどろいど 初音ミク 応援ver.」

   東日本大震災の被災地を応援するバーチャルアイドル「初音ミク」のフィギュアを発売したところ、世界40ヵ国から7万4394個の注文があり、日本赤十字社を通じ7439万4000円を寄付することになった。

   「ねんどろいど 初音ミク 応援ver.」を発売したのはグッドスマイルカンパニー。「一緒に頑張ろう!」の旗が付いたフィギュアの注文をオンラインショップ限定で2011年3月25日から4月21日まで受け付けた。価格の税込み3000円のうち1000円が寄付金になる。同社によれば、ねんどろいどのフィギュアに1か月足らずで7万体以上も注文があるのは異例で、初音ミクの人気の高さと被災地を応援したいというファンの気持ちの表れだとしている。

   同社はこれを機に、東日本大震災の復興支援プロジェクト「Cheerful JAPAN!」を立ち上げていて、今後1年間にわたり、震災チャリティ商品を毎月提供、売り上げの一部を震災復興のために寄付することを決めた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中